公務員試験勉強法
スポンサードリンク

合格率100%のカリスマ講師が教える公務員試験の勉強法
スポンサードリンク

公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法(2011年度版)

過去問を重視する

公務員試験勉強法は、公務員試験においてよく出題されるものをしっかりと覚えていくという方向で勉強すると良いと思います。良く出題されるというのは、過去に何度も試験に出題されていたことです。
最初から最後まで完全に覚えようとするとまず、科目が多いことからタイムオーバーになり、中途半端な状態での試験となるようですから。重要な事柄をまずは抽出していくということが、公務員試験勉強法の中ではとても大切です。
公務員試験勉強法では、まず重要な知識を抽出したら、それらを記憶し理解するまでしっかりと勉強を続けます。予備校ではこういった教え方をすることが多く、重要なところをとても絞っていますから、きちんと予備校の授業を聞いていれば頭に入ってくると思います。現役1年で合格しようとするならば、掘り下げて勉強はせず、効率よく試験で点数を稼ぐということを考えた方がよいですし、掘り下げた勉強をするのは浪人し、試験で差をつけようと考えている人くらいです。

 公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法(2010年度版)

合格するためには予備校が近道

公務員試験勉強法は独学よりも合格者を輩出している予備校に通った方が一番手っ取り早いと思います。なぜならば問題も統計や傾向から把握して作られていき授業を行いますから、かなり効率よく覚えられると思います。
受験生が分かりやすくそして覚えやすいというのが予備校の授業です。1年で現役合格を目指すならば、予備校での要領と効率のいい勉強は魅力的ですし、それでも足りなければ自分で掘り下げて勉強していけばよいのです。
効率の良い公務員試験勉強法を覚えれば、あとは自宅学習で何度も過去の問題や問題集に挑戦していくことです。これらをしっかりとやっていけば、公務員試験への合格の道も夢ではありません。

成功法

また少しプラスアルファして覚えていくことによって、より試験のときに点数が稼ぎやすいので、過去に良く出題された傾向の問題であっても、その問題の中から新しい何か、プラスアルファを見つけていかなければいけないということもいえます。
公務員試験勉強法となると堅苦しく難しく感じるかもしれませんが、あまりそうは考えず気軽に行っていければいいのではないかとも思います。細かい点を考えると難しく感じるかもしれませんが殆どの場合は過去に出題されている問題を現代でどのように取り扱っていくかといったことになるのです。そういった点で新しい何かを見つけられるように視野の広さを保っていれば勉強も成功として考えられると思いますし、その方がとても良いのが分かりますね。

公務員試験勉強法